テレビ番組「スマステーション」で紹介された

使ってみたい文具!! ランキング!

ダウンロード (1)

 

このところ、テレビや本、雑誌で文具の人気ランキングが取り上げられている。

どんな商品が注目されているのでしょうか??

今回はテレビ番組「スマステ」で紹介された使ってみたい文具を

23位から1位までカウントダウン!

 

第23位 AS-IF-TOY   

VARACIL(バラシル)

 

ばらばらの状態で購入して、プラモデルの要領で自分で組み立てるシャープペン。

レゴブロックみたいでかわいい!! 持ってると自慢できる!

http://www.as-if-toy.com/varacil/

 

第22位  北星鉛筆  大人の鉛筆に、タッチペン

 

「大人の鉛筆」というのは木の鉛筆ではなく、芯のみを削り器で削る、芯ホルダーと言われる商品。

この商品は芯をノックする部分にフエルトを装着してあり、

クリップの部分に触れている時のみタブレットなどタッチパネルのタッチペンとしても使えるんだとか。

http://www.kitaboshi.co.jp/home/otonanoenpitu-touchpen.html

 

第21位  ナカバヤシ   スマレコマーカー

 

この商品はスマホでも使える暗記用マーカーペンです。

従来のように問題集などにラインを引いて赤シートをかざすと見えなくなる従来の使い方はもちろん、

スマホで専用アプリをダウンロードして、使いたい書類をアプリで撮影すると、スマホの場合、

赤シートをかざさなくても、タッチするだけで文字が見えなくなるのです。 ハイテク!!

https://www.smareco.jp/function/marker/index.html

 

第20位 MoMA DESIGN STORE  

SENCE BRUSH (スタイラス筆ペン)

 

MoMAとはニューヨーク近代美術館The Museum of Modern Art, New York

の頭文字の略称でアメリカ合衆国ニューヨーク市にある、近現代美術専門の美術館である。

そこの美術館の人がいいねと思った商品を売っているのがこのSTOREです。

スタイラスペンとはスマホやタブレットのタッチパネルにボールペンのように文字を書いたりすることができる

ペンのことで紙には何も書けません。要注意です。

そしてこのスタイラス筆ペンは、ペン先が筆になっていて、タッチパネルに紙に書くような感じが再現できるようです。

 

第19位 キングジム    ガーリーテプラ

テプラはご存知ラベルシール作成マシンのパイオニア。 の「ガーリー」が出たようです。

徹底的に女子向けにこだわっており

、フォントもかわいいのが8種類、絵文字、飾り枠もたくさんあるー、

そしてイニシャルマークも簡単に作れる、さらに専用リボンを使ってリボンにも印刷できてしまう。

カートリッジテープは4・6・9・12・18のテプラテープが使える。雑貨好きにはたまらないでしょう!

http://www.kingjim.co.jp/sp/girly_tepra/detail.html

 

第18位 リヒトラブ エクスパディングファイル

 

この商品はファイルの中でも、パンチで穴を開けて閉じるタイプではなく、書類を投げ込んでいくタイプです。

7つポケットがあり、6つ仕切りがあり、差し替え式の見出しがついている。

今までにもこのような商品は出ていますが、これのすごいところは、ポケットのマチの部分がジャバラ式に

なっていて、そこがビヨ~ンと伸びるので A4コピー用紙なら最大1500枚まで入ってしまいます。

この収納力侮れませんよ、いろんな場面で重宝しそうです。

http://www.lihit-lab.com/products/catalog/A-5050.html

 

第17位リヒト クリアーブックポケット交換式

 

30穴のクリアブックでクリアポケットを足したり、減らしたりできるタイプです。

特徴は、リヒト独自のツイストリングというとてもスリムな綴じ具で、この綴じ具のお陰で、

表紙が付いているのに、360°折り返して使えるのです。 のでプレゼンや商談をする際に、

クリヤーブックに書類を入れたまま、相手に見せることが可能。ありそうで無かった。

http://www.lihit-lab.com/products/catalog/N-5015.html

 

第16位    プラス    デコルーノ

 

こちらは、デコり専用のローラー式スタンプです。 コロコロ転がすだけで、メッセージカードや、

スクラップブッキングにデコレーションが出来る。お助けアイテム。 柄は全6種類。レース柄やリボン柄など。

また、カートリッジは交換式なので、長く使えそうだ。

http://www.plus.co.jp/news/120828.html

 

第15位   カンミ堂     ピコットフセン

 

これは、ふせんはふせんなのですが、スマホと組み合わせて使う、変わり種のふせんです。

ふせん自体にはQRコードが印刷されている。

使い方は まず、専用アプリをダウンロードして、関連付け(リンクづけ)させたい箇所にふせんを貼ります。

そして、専用アプリを開いて、フセンのQRコードを読み取る、すると、スマホ内の写真アルバム画面に移動する、

したらば、関連付け(リンクづけ)させたい写真を選択する。すると写真のサムネイルの上にふせんが表示される。

これで完了。

要するに写真を見返すときに、見返したい写真だけを呼び出せる。ということ。

デジタルとアナログのおもろい組み合わせだ!

http://www.kanmido.co.jp/products/picottofusen.html

 

第14位 ニトムズ  STALOGY  半透明ふせん

こちらもふせん、半透明なので下の文字が透けて見えるから地図に貼るときとか便利。

また罫線入りなので文字が書きやすい。

STALOGYというのはブランド名で、ニトムズという粘着製品メーカーが

good design companyとコラボレーションして生まれたブランドで、

これ以外にもいくつか商品がありました。パッケージや商品がオサレです。

http://stalogy.com/

 

第13位 パイロット     ジュース

 

ジュースは、ゲルインクボールペンの新商品です、ゲルインクボールペンはこれでもかというくらい、

各メーカーから出ておりますが、この商品の注目ポイントは、インクです。全部で30色ありまして、

そのうちの6色はパステルカラーなのです。

パステルカラーやったら何がええのかというと、黒い紙にも、写真にも書けるのです。

ここポイントです。

http://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/juice/

 

第12位   ぺんてる  アートブラッシュ

 

こちらの商品は、毛筆タイプのカラー筆ペンです。 全18色の展開です。

気軽に楽に水彩絵の具が楽しめます。

絵の具のように、水で薄めることも可能、さらに、力の入れ加減でインクの出の調節も可能、

さらにさらに、薄い色の穂先に濃い色の穂先を付けて塗ると薄い色から濃い色へのグラデーションが出来る!

メッセージカードや、イラストを書くときに欲しい1品です。

http://www.pentel.co.jp/product/artbrush/

 

第11位    アスカ    とじ開け切~る

 

この商品は、商品名からうすうす想像できそうな商品ですが、

ホッチキス 1穴パンチ  レターオープナー を 幅75×奥行き20×高さ27mm というコンパクトボデー

に詰め込んだ、よくばり文房具です。 確かにこの3つがバラバラにあるとかさばるし、めんどくさい。

ホッチキスは8枚とじ、 1穴パンチは書類を2つに折れば2穴パンチとしても使える、最大8枚まで開けれる。

家の引き出しの中にあると助かります。

ちなみに製造メーカーの アスカは社名はアスカですがブランド名は「Asmix 」です。なんでやろ?

http://www.asmix.co.jp/product/desk-goods/012/pk10.html

 

第10位  ライオン事務器    かるホッチ

 

ホッチキスの新商品、かるホッチ。 最近かなり定着しつつある、軽い力でとじれるホッチキス。

コンパクトで重量は89グラムと軽量ながら、25枚とじれて従来のホッチキスの半分の力でとじれる。

これは実際にとじてみるとホントに軽いです。特に毎日事務作業で使われる方は特に恩恵を受けることでしょう。

全4色展開で、フラットとじ機構搭載です。

http://www.lion-jimuki.co.jp/products/introduction/stapler_karuholtuti/

 

第9位   コクヨ   ノビータα シリーズ

 

これは、なかなかの新しいスタイルのクリヤーブックです。

今までクリヤーブックといえば、ポケット固定式とポケット交換式があり、

その中でもポケット交換式はリング式でがっしりととじれてもちろん便利なのですが、

リングなので、ある程度の厚みになるのは必然でした。

しかしこのノビータα、、薄いッス!!

ポイントはとじる機構がジョイントレールとジョイントパーツ という新機構なのです。

このノビータαは 「ファイルα」 と 「クリヤーブックα」 2つで構成されていて、

親子の関係になっており、ジョイントパーツが付いた名刺ポケットやチャックポケットなど

5種類あるポケットの「ファイルα」を

ジョイントレールが付いた「クリヤーブックα」にくっつけてとじれる。

クリヤーブックαには最大6冊のファイルαをとじることが出来るのです。しかも背幅は調節可能。

これは1式全部揃えたくなりますね。これに切り替えたら、書類棚がスリムに出来そうです!!

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/clearbook/novita/novita-a.html

 

第7位 リヒト&パイロット 持ち歩きホルダー

 

筆記具メーカーのパイロットとファイルメーカーのリヒトのコラボ商品です。

シンプルなコンセプトでA4サイズの書類を半分のA5サイズ、 A3サイズを半分のA4サイズで、

持ち運べるクリアホルダーです。

幅広いマチがついていてA4サイズで25枚入り、書類が抜け落ちないように、抜け落ちガードが付いており

無理やり押し込まない限り、紙に折り目もつきません。

マチが幅広のため、ぺんや文具小物もはさめちゃいますー。

ありそうで無かった。

http://www.pilot.co.jp/products/stationary/folder/pilot_lihit-lab_m_folder/index.html

 

第7位  住友スリーエム  チタンコートカッター

 

住友スリーエムではチタンコートでハサミを先発で売っており、

こちらはカッターです。ただカッターの刃をチタンコートにしましたよー、

ではなく、通常のカッターより刃を鋭角に加工してあるためシャープな切れ味で、

もち手の部分も3D形状といわれる独特の形状でしっくり握れるようです。

また本体部分が珍しいカラーリングで白色で、視認性に優れております。

チタンコート自体はどのような効果があるのかというと、切れ味自体が2倍長持ちするのです。

http://www.mmm.co.jp/office/scissors/ti.html

 

第6位  コクヨ  ハサミ(エアロフィット) 

           スーパーグルーレスタイプ

 

はさみは近年、かなりの改良と進化が進んでいる文具の一つです。

むかしの商品と比べると驚くほど違います。持ちやすさも切れ味も。

このハサミは、グルーレスタイプで、要するにのり付けされてある封筒などを切った時に

粘着剤がハサミにくっつかないように刃の形状を変形してあるタイプです。

その中でも「スーパー」が付いてますので、形状を変形してある刃にさらに、

「フッ素コーティング」を施してあるため、従来のフッ素コーティングのハサミの

約20倍切れ味が長持ちするようです。

http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2012/09/1292.html

 

第5位 ニチバン テープのり(てのり)はんこのり

 

最近定番になってきている便利なテープのり。 手軽に仕上がりがキレイになり、

大量に貼っても疲れない、手が汚れない、などのメリットで人気です。

こちらは、はんこをポンポン押すようにのりづけ出来る、テープのりです。

領収書、切手、写真などちょっとだけのりづけする時使いやすい。

ポンポン押しでは、約600回押せる。

従来のようにテープ式にも使えます。

のりも進化しています。

http://www.nichiban.co.jp/news/13-01/01.html

 

第4位   プラス    ホワイパーフレックス

 

修正テープです。もう発売されてから5年以上経過していますが、第4位とは大したものですね。

人気のポイントは、横書きの修正がしやすい独特の形状、

そして通常のように1行消しの他に、

修正をしたいところを見ながら1文字だけ消すことも可能。

さらに、ヘッドの部分がしなるので、浮きやはがれが起こらない。

修正テープもダメなものはテープがはがれたり、イライラすることがあるので、

これなら安心です。

http://bungu.plus.co.jp/sta/product/correct/whiper/flex.html

 

第3位 BICジャパン   ブライトライナーテープ

変わり種文具登場です。 蛍光ペンがテープ式になっちゃいました。

色はイエロー、ピンクの2色。

テープ式のメリットは、 インク式のような裏写りが無い。から薄い紙もオッケー。

インク式にありがちな手やペン先の 汚れ にじみ かすれ が無い。

インク式のようにインクが乾くのを待つ必要がない。

またこのブライトライナーテープはキャップがツイスト式でひねったら使えるのでフタをなくすということが無い。

これは試してみたいですね。

http://digitalpr.jp/r/3953

 

第2位   ゼブラ   プレフィール

 

筆記具メーカー、ゼブラが投入してきたプレフィール。自分で替芯が選べる多機能ペンです。

このタイプは先発で三菱鉛筆とパイロットが既に投入しているが、ゼブラもついに参戦してきました。

装着できる替芯の種類は、圧巻の57種類!! 本体には4種類まで装着可能

油性インク、 ジェルインク、 エマルジョンインク(最近流行りのなめらか系)、シャープペン

と、インクの種類を幅ひろくまたげるのは、大きなメリットです。

そして何より、安いです。 油性60円 ジェル100円 エマルジョン80円 シャープペン180円!!

本体は3種類用ホルダーが150円 4種類用ホルダーが200円  安い、、、、。

http://www.prefill.jp/lineup/

 

第1位  セーラー万年筆   就活ボールペン

 

栄えある第一位は、就活生の声を汲み取って開発された その名も就活ボールペン。

どんなペンかというと、極細字0.5ミリと細字0.7ミリと太字1.0ミリと異なる太さの芯を搭載したペンで、

さらによく使う細字0.7ミリが予備でもう1本搭載されているという、気配り。

おなじインクの色でも直感的に字幅がわかるようノック部分と表示に工夫がされており、親切。

なるほどこういう商品は今まで無かったです。

合理的かつ、省スペースかつ、時間短縮かつ、気配りかつ、親切。

就活生は必携です!!!

http://www.sailor.co.jp/lineup/multi/16-5411

 

 

以上、スマステで紹介された使いたい文具ベスト23でした。

当店でも一部の商品を除き、取り扱いしておりますので、

なにかご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせ下さい!!

株式会社カメイ